電気ポットの寿命は平均何年?象印は?買い替え時期も徹底解説!

目次

電気ポットの寿命について

厳しい冬がやってくるの時期は、電気ポットが一番大活躍できる季節です。寒い冬も、電気ポットのおかげで、ホットココアやインスタントスープがすぐ飲めるようになりますので、本当にこの季節に相応しい家電製品です。

家電製品の中でも、電気ポットは手頃な価格でゲットできます。しかも、台所でお湯を沸かすような面倒なやり方もいらずに簡単にお湯を沸かせるようになりますから、今の家庭はほとんど電気ポットを持っていると思います。

こんなに大活躍してくれても、わたしは今年で二つ目の電気ポットを買い替えしました。ちなみに、象印の電気ポットにしました。頻繁に使っていますから、寿命を迎えることは仕方ないです。

この記事でわたしがいままで使った象印とタイガーの電気ポットの寿命について、紹介します。それと寿命の症状や寿命を長持ちさせる方法について、書いていきたいと思います。もし、この冬、わたしのように電気ポットを買い替えしたい方、初めて電気ポットを購入したい方の役にこの記事が立つと嬉しいです。

電気ポットの寿命は平均何年?

象印

今年の冬、初めて象印の電気ポットを購入しました。購入する前に、ネットで象印の電気ポットを絶賛しているコメントが多く、毎回正しいお手入れをすれば、寿命も長持ちしますというコメントがあったため、象印の電気ポットにしました。

さて、寿命が長持ちしますと言っても、寿命は一体何年でしょう。象印のホームページのお客様サポートのサイトで、「正しい年数は使用時間や使用方法による。」とをお答えをいただきました。ただ、内ぶたパッキンが消耗品なので、1年一回確認をし、部品の交換をすれば、寿命も延びます

実際象印の電気ポットを持ってる知り合いに話を聞きましたが、10年以上を使っていらっしゃり、毎月一回きちんと内部をクリーニングし、年一回部品の異常をチェックし、長持ちさせているそうです。

タイガー

小さい頃、実家で初めて購入した電気ポットがタイガーの電気ポットでした。8年間以上使っており、耐久性がある使いやすい電気ポットでした。寿命のサインはお湯を沸かせなくなったことです。8年間以上も使ったから、家族で相談して処分しました。

タイガーのホームページのお客様サポートのサイトで、詳しい寿命のことは書いてないですが、ふたパッキンは1年とお答えいただきました。汚れたり変色したり、1年1回の部品交換をお勧めします

電気ポットの寿命の症状や目安

症状①お湯が沸かない

お湯が沸騰しない場合は、寿命のサインです。

先ず、お持ちの電気ポットの機種が、省エネモード(またはセーブモード)を搭載しているかのご確認。それと一度電源コードをコンセントに差し直し、もし省エネモードが既に解除されているのにもかかわらず、お湯が沸騰しないなら、故障の症状ですね。

特に冬の朝、お湯が沸かなくて、熱々のお湯やお茶が飲めないと、大変なことだと思いますので、早めに修理を買い上げの販売店へお持ち込みしたほうが薦めです。

症状②お湯が出ないまたはお湯が漏れる

お湯が出ない場合は、恐らく給湯ポンプの詰まりと考えられます。1回クエン酸洗浄を行って、もしそれでも出ないなら、修理を進めてください。

お湯が漏れる場合は、一度水量は満水目盛以下に入れたかどうかを確認しましょう。もし満水目盛以上入れると、湯が漏れやすい危険な状態です。

電気ポットの寿命が縮む原因

原因①お手入れをしない

家電製品の寿命を延ばすためには、定期的なお手入れをすることが基本です。内側のお掃除はクエン酸で掃除し、外側のお掃除は布で乾拭きします。簡単な手順でできますから、お手入れをしないと故障が早くなって、寿命が縮む原因となってしまいますので、しっかり行いましょう。

原因②満水目盛の心がけがない

水量を満水目盛以上入れると、ポットの中の内圧が上昇し、ダメージになります。ポット全体にお湯を沸かしてるとき、湯気が出ます。それにより、部品の細かい部分に負担がかかることになって、寿命が早く訪れます。

電気ポットの寿命を長持ちさせる方法

方法①使用していないときは水気を取っておく

電気ポットの出番は冬がメインです。夏場でポットを使わないとき、ポット内の水を空っぽまで捨てましょう。内ぶたの部分も水気を取って、全体を乾かして置いたほうがお勧めです。

電気ポットは水を沸かす電気用品ですが、使わないときも水が入ってる状態で放置すると、故障になりやすいです。

方法②お手入れをきちんとやる

基本電気用品の寿命を長持ちさせるなら、定期的きれいな掃除が必要です。電気ポットは意外に内側も外側も汚れがたまりやすいです。毎日使ってる場合は、週一回の掃除、少なくとも月1回を掃除したほうが、寿命が長持ちします。

電気ポットに寿命がきた時は修理した方がいい?買い替えた方がいい?

電気ポットを購入した際、ほとんど1年間の保証期間がついてくれます。たまに3年間の保証期間もあります。もし保証期間の中で、寿命のサインが出た場合は、メーカーに修理を出すのがおすすめです。理由はお得な価格で、不具合の部分を直してくれるからです。

もし3年間以上使って、そこで寿命のサインが出た場合、修理を出すためには、数千円はかかります。1回の修理で数千円、もしまたすぐ壊れた部分が出たら、また数千円がかかってしまい、結果によっては、買い替えたほうが安く、より長く使えると思います。

電気ポットに寿命がきた時の処分方法は?

電気ポットも家電製品ですから、一般ゴミとしてを捨てないほうが良いでしょう。処分方法についていくつがご説明します。

回収業者に依頼するか、リサイクルショップに持っていく。この二つの方法が一番スムーズに処分できると思います。プロの業者に依頼するのが、手っ取り早く、楽です。

家電ゴミとして捨てる方法もあります。ですが、必ず処分する前に、一度市役所や自治体のホームページで家電ゴミの処分注意点をチェックしておきましょう。

寿命の長いおすすめ電気ポット

①象印 CD-PB50-HA 5.0L

象印 電気ポット 5.0L グレー CD-PB50-HA
画像をクリックするとAmazonに移動します

5.0Lの容量で結構大きめな電気ポットです。大人数の家庭に向いています。

容量の多い電気ポットなのに、沸く時間が早いです。ボタンの表示も単純で明快で、家族みんなで簡単で操作できます。「節約タイマー」の機能もついています、夜の睡眠時間や外出する時、タイマーを設定すれば、設定時間後沸騰をし、保温電気代が節約できます。

②タイガー 魔法瓶 PDR-G221-W 2.2L

2.2Lの容量は一人暮らしや二人生活に相応しい容量です。

70、90、98、三つの保温温度が選べます、自分の好みの温度で飲める、嬉しいポイントだと思います。お手入れのしやすい機能もついて、「クエン酸洗浄」の機能で簡単で内部を掃除できます、ポットの寿命を長持ちできます。

タイガー 魔法瓶 マイコン 電気 ポット 2.2L ホワイト PDR-G221-W Tiger
画像をクリックするとAmazonに移動します

③タイガー 魔法瓶 PIJ-A220-DS 2.2L

こちらの商品は、2時間以上の操作なしで「節電保温」機能と設定時間後沸騰をする「節電タイマー」機能がついています、かなり電気代の節約ができる電気ポットだと思います。

結構おしゃれなデザインと漆塗りで、個性があるポットです。

「蒸気レス沸とう」ていう機能もあって、高温の蒸気によるやけどの心配がありません、ご家庭に小さいお子さんがいる場合にとって、安全と安心な電気ポットです。

タイガー 魔法瓶 電気 ポット 2.2L バーミリオン 蒸気レス 節電 VE 保温  とく子さん PIJ-A220-DS Tiger
画像をクリックするとAmazonに移動します

まとめ

いかがでしたでしょうか。厳冬の中に、電気ポットは本当に助かる家電製品のひとつです。寿命の症状が出てきた場合は、早めに修理や買い替えの判断をしましょう。

定期的しかっりクエン酸洗浄などの手入れをし、年1回部品の交換をチャックし、冬の生活に支障が出ないように、寿命を延ばしましょう。

関連記事

他にも気になる家電製品の寿命について解説している記事がいくつもあるので、気になった方はぜひ読んで見てください。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

更新履歴

更新日時更新内容
2018/08/02関連記事の更新

この記事を書いた人

Small 20171227033221
Written By
KOU
台湾出身の24歳です。日本語はまだまだ勉強中です。よろしくお願いいたします。

この記事に似ている記事