IHクッキングヒーターの寿命年数/耐用年数は何年?買い替え時期も

目次

IHクッキングヒーターの寿命について

ご家庭でのご使用はもちろん、最近では飲食店でもガスによる加熱方式からIHクッキングヒーターへ乗り換える方が沢山います。
特にオール電化の設備が増えてきている現在ではIHクッキングヒーターは必要不可欠な製品です。
その様な便利な製品ですが、IHクッキングヒーターの耐用年数はどれ位持つのでしょうか?
この記事ではIHクッキングヒーターの耐用年数や寿命の症状が訪れた時にはどの様な症状が現れるのかを解説致します。
また、IHクッキングヒーターの買い換え時期や処分方法等も解説致しますので、IHクッキングヒーターの寿命が訪れた際には処分の時期や方法の知識を身に付ける為に是非参考にして下さい。

IHクッキングヒーターの寿命・耐用年数は平均何年?

IHクッキングヒーターの寿命、耐用年数は平均で10年といわれています。
IHクッキングヒーターを設置してから8年程で寿命が来てしまう製品もあれば、15年程の長寿命の製品もあります。
交換部品が8年から10年をこえてしてしまうとメーカーによっては在庫を保持していない場合がある為、10年以上経過してしまってから修理を依頼しても修理価格が高額になってしまったり修理事態不可能な場合があります。
その為、IHクッキングヒーターの寿命、耐用年数は10年が目安といわれています。

参考元:サンリフレプラザ

IHクッキングヒーターの寿命の症状や目安

IHクッキングヒーターの寿命のには製品の内部の部品が経年劣化により傷む事により症状があらわれます。
IHクッキングヒーターの寿命が訪れた際にはどの様な症状があらわれるのか解説致します。

IHクッキングヒーターの寿命の症状① お湯が沸きにくい、加熱されにくくなる

IHクッキングヒーターの寿命のが訪れるとお湯が沸きにくい、加熱されにくくなる等の症状があらわれます。
原因は経年劣化によりヒーター部分の出力が落ちた事によります。
ヒーター部分の出力が落ちる事により温度が上昇しにくく、以前よりお湯が沸きにくい等の症状があらわれます。

症状② 電源が入りにくい

IHクッキングヒーターの寿命として電源が入りにくくなるという症状があらわれます。
その他にもIHクッキングヒーターを長期間使用する事によりスイッチが入らない、温度調節が出来ない等のボタンの故障が原因による症状があらわれます。

IHクッキングヒーターの寿命が縮む原因

IHクッキングヒーターの寿命が縮んでしまう原因を解説致します。

IHクッキングヒーターの寿命が縮む原因① トッププレートに負担をかけない

IHクッキングヒーターの寿命が縮む原因の一つとしてトッププレートに負担をかけない事です。
必要以上に重い物を置いてしまうと最悪トッププレートに亀裂が入ったり、割れてしまう事があります。
使い終わったらトッププレートの上から物を取り除く、重量オーバーの鍋等をおかない、鍋底が変形したような製品を使用しない、IHに対応した鍋やフライパン等の製品をきちんと使用する等の事を日頃から心がけ、トッププレートに負担をかけない様にしましょう。

IHクッキングヒーターの寿命が縮む原因② 煮こぼれ、吹きこぼれを防ぐ

IHクッキングヒーターをご使用の際に煮こぼれや吹きこぼれ等が頻繁に起こるとIHクッキングヒーターの寿命を縮めてしまいます。
ご使用年数が長く、傷がついてしまったり亀裂が入ってしまうと煮こぼれや吹きこぼれが起こる事によりわずかな隙間から水分が侵入して内部の部品が劣化してしまい製品の故障に繋がってしまいます。
煮こぼれや吹きこぼれが起こらない為にも日頃から火加減に注意をしたり、大きめの鍋等を使用してトッププレートや製品に影響を与えない様に注意しましょう。

IHクッキングヒーターの寿命を長持ちさせる方法

IHクッキングヒーターの寿命を長持ちさせる為にはどの様なご使用方法やお手入れが必要なのかを解説致します。

寿命を長持ちさせる方法① 汚れを残さない

IHクッキングヒーターを長持ちさせる為には、調理後にIHクッキングヒーターに汚れを残さない事が大切です。
調理後に汚れを残したままにしておきますと傷や亀裂等の部分からごみやほこり、水分等が内部へ侵入して部品の劣化に繋がります。
軽い汚れであればフキン等で拭き取るだけで簡単に汚れを除去出来ます。
取れにくい汚れの場合は掃除用の洗剤等を使えば拭き取る事が出来ます。
常日頃から清掃し綺麗に保つ事を心がけましょう。

寿命を長持ちさせる方法② 煮こぼれや吹きこぼれを出来る限り防ぐ

IHクッキングヒーターで調理を行う際に煮こぼれや吹きこぼれを防ぐ事も大切です。
調理中に煮こぼれや吹きこぼれが起こる事により、外部ではスイッチやコーティングを痛めてしまいます。
また、水分が内部に侵入する事により経年劣化を早めてしまう事になります。
調理の際には煮こぼれや吹きこぼれには十分注意しましょう。

寿命を長持ちさせる方法③ グリル部分を定期的に空焼きを行う

グリル部分の油や頑固なこびりつきによる汚れは空焼きを行う事により取り除く事が出来ます。
内部や掃除のしにくい所等では空焼きを行って焼き切る事により見落としてしまいそうな部分やなかなか手の届かない部分等の掃除も行う事が出来ます。

IHクッキングヒーターに寿命がきた時は修理した方がいい?買い替えた方がいい?

IHクッキングヒーターの修理費用は故障の症状にもよりますが、平均的に3万円かかるといわれています。
新品のIHクッキングヒーターを購入した場合約8千円程で購入出来ますし、大型のIHクッキングヒーターをご購入したとしても3万円前後で購入出来ます。
修理費用と購入価格を比べると、故障した製品を修理した価格と同じ、もしくは大幅に安く購入出来るのであれば新しい製品を購入した方がよさそうです。

参考元:リフォマ

寿命が来た!IHクッキングヒーターのおすすめの買い替え時期は?

IHクッキングヒーターの買い替え時期はいつ頃が良いのかを解説致します。

買い替え時期① 天板のガラスが割れた時

IHクッキングヒーターの天板のガラス面はとても強固に出来ていますのでよほどの事がない限り割れる事はありません。
ですが、日常生活においてIHクッキングヒーターの天板の上に物を落としたり、固い物をぶつける事により天板のガラスが割れてしまう事があります。
天板のガラスが割れてしまってはIHクッキングヒーターで調理すると火災等に繋がってしまい大変危険です。
天板のガラスが割れてしまった場合には新しい製品に買い替えましょう。

買い替え時期② 使用年数が長い

IHクッキングヒーターの故障があらわれた場合には使用年数が長い場合には買い替えを検討した方がいいでしょう。
製品が作成されてから10年を経過するとメーカーが部品を所持していない事が多い為、簡単な修理を行う場合でも部品が残っていない為、修理費用が高額になってしまったり修理事態が不可能な場合が多くあります。
また、使用年数が長くなれば内部の部品が経年劣化により傷んでる事がとても多い為、故障の症状にもよりますが、使用年数があまりにも長い製品であれば買い替えを検討する事をおすすめ致します。

参考元:リフォマ

IHクッキングヒーターに寿命がきた時の処分方法は?

  • 家庭ごみとして処理する 自治体によっては何ごみに該当するかは異なる場合があるので一度お住まいの自治体に問い合わせてみると確実に処理出来ます。
  • 回収ボックスに投函する 家電量販店等に回収ボックスが設置されている場合はリサイクルに出せる場合があります。 自治体により処理方法が異なる為一概には言えませんが一度お住まいの自治体に問い合わせて見ると確実に処理出来ます。
  • 回収業者に引き取りを依頼する 自治体によっては一般ごみとして処理出来ない地域もあります。 その様な地域ではお住まいの回収業者に引き取って貰う事により処理出来ます。 料金は回収業者によって定められておりますので依頼する前に一度お問い合わせする事により確実な情報を聞く事が出来ます。

まとめ

この記事を執筆させて頂いてIHクッキングヒーターは何年か前の製品に比べると機能面、安全面等の様々な面で進化を遂げている製品であり、今後さらに需要の高まる製品であるといえます。
その様な場合に製品に故障等の症状があらわれた時にどの様な対処を行ったら良いかという知識はとても大切です。
この記事ではIHクッキングヒーターの寿命について全ての事をご紹介出来た訳ではありません。
ですが、IHクッキングヒーターの寿命が訪れた場合の対処法を初心者の方にもシンプルに伝わりやすい様に執筆させて頂きました。
IHクッキングヒーターの寿命が訪れた場合にはこの記事の内容を少しでも参考にして頂き、慌てず冷静に対処出来る様お願い致します。

関連記事

他にも気になる家電製品の寿命について解説している記事がいくつもあるので、気になった方はぜひ読んで見てください。

【編集部より】あなたの感想を教えてください

こちらの記事はいかがでしたか?もし同じ疑問を持っている知り合いがいた場合、あなたがこの記事を友人や家族に薦めたりシェアしたりする可能性は、どのくらいありますか? より良い記事を作るための参考とさせていただきますのでぜひご感想をお聞かせください。
薦めない薦める

更新履歴

更新日時更新内容
2018/08/02関連記事の更新

この記事を書いた人

Written By
yu-suke 2018
家電をで暮らしを豊かに
家電に関わる仕事がしたい事と家電について勉強を積みたい為、フリーのWebライターとして活動させて頂いております。 記事を読んで頂いた方に記事の内容がわかりやすく、日々の生活に役立つ情報をお伝えする事が出来る様に意識して執筆する様心がけております。 よろしくお願い致します。

このカテゴリのおすすめ記事

スポンサー

この記事に似ている記事